アラフォーが身体の中からキレイに痩せるについて考えてみた

こんにちは、アラフォーダイエッターサランです。

 

先月、年に一度の健康診断があったのですが。

 

結果をもらってから、自分の身体についてよく考えるようになりました。

 

7月からダイエットを始め、徐々に体重が減ってきて、体形の変化が

見てわかるようになるととても嬉しいものです。

 

そして、健康診断の際も、昨年の体重オーバー状態が改善されたことで

先生に褒められてこれまた嬉しかったのです。

 

しかし。

 

後日届いた結果を見て、反省することになりました。

 

LDLコレステロールが最大の敵

 

体重が減ったことにより、殆どの検査項目について昨年より良い結果、

殆ど全部A判定だったのですが。

 

唯一、C判定だったのが、

 

「LDL(悪玉)コレステロール」

 

これが、高いんです。

 

ここ数年、ずっと高めでしたが、体重が減ったにもかかわらず

この数値だけ昨年よりも更に上がっていました。

 

これには猛省です。

 

これはここ3ヶ月のダイエット以前からの問題で、数年に渡っての

自分の食生活の結果であるという事です。

 

このブログでも再々書いていますが、私は甘いものが大好きです。

お酒はあんまり飲めませんが甘いものならいくらでも食べられます。

下手をすると、食事を抜いてでも甘いものを食べたいと思うくらい

甘いものが好きです。

洋菓子、和菓子、問いません。

 

更に、炭水化物(ごはん、麺、パン)がこれまた大好きです。

ごはんなんて、おかずなくても食べられるくらい好きです。

 

こうした私の嗜好の偏りにより、何年もかけて出来上がった数値。

 

きっと、10年前ならさほど影響がなかったんでしょうが、

同じ生活をずっと続け、さらに年齢が上がったことにより

如実に数値となって表れてきたのでしょう。

 

これは放っておくことはできません。

 

子ども達は未だ幼いのです。

この子たちがちゃんと大人になって独立するまで、私には責任があります。

 

責任を果たすには健康でなければなりません。

 

だから、LDLコレステロールは早急に下げなければならないのです!

 

 

ダイエットの継続と食事管理と

healthy-food

健康診断の結果を持って、早速近所の内科にかかりました。

そして、再検査。

当然ですが、やっぱりコレステロール値は高いのです。

 

そして、先生から告げられたこと。

 

「麺、パン、芋は控えて、ご飯と野菜と肉・魚はバランスよく」

「間食は禁止」

 

オーマイガーッ!

 

麺もパンも芋も大好きなんですよ、私!

そして、間食だってしちゃうんですよ!

 

と、激しく落ち込みましたが、結構立ち直りの早い私。

 

「麺もパンも芋も控えなきゃだけど、ごはんは食べていいんだ!」

「ダイエット中だから、間食禁止、ってはっきり言ってもらえて

かえってモチベーションが上がったわ!」

 

とまあ、前向きにとらえられたのです。

 

折角お医者さんにかかってまでコレステロール値と向き合うことに

したんですから、こうなったら徹底的に健康痩せを目指すのみ!

 

 

ダイエットアイテムの力を借りつつ食事にも注意

 

なんせズボラなもんで、一食一食カロリー計算とか出来ない私。

だから、栄養バランスのとれたダイエットアイテムを使って

置き換えダイエットをしている訳で。

 

でも、当然のことですが、一日一回の置き換え食で一日の

すべての栄養をバランスよく賄おう、というのは都合がよすぎる話で。

普通食をめちゃくちゃに食べていたら、折角のダイエットアイテムの

効果を最大限に発揮することが出来なくなってしまいます。

 

これまでの、私のダイエット実践記を振り返ってみても、

体重が暫く停滞したり、増えてしまった時は、

食生活が乱れてしまっていることが多かったです。

置き換えの一食だけでは到底取り戻せないほどの量、カロリーを

摂取してしまったら、当然ですが痩せません。

 

そんなこんなで、今後は置き換え食以外の食事にも

注意を払いつつ、本当の健康キレイ痩せを実現するのです!

 

 

身体の中も外もキレイなボディを目指す!

health-check

アラフォーダイエッターの皆さん。

是非、健康診断を受けましょう。

 

健康診断は正に体の通知表。

数字は嘘をつきません。

 

自分の今の体の状態を良く理解した上で、

中からも外からも健康な正真正銘キレイボディを目指しましょう!

 

 

belta-button

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

【ダイエット日記】人気ブログランキングへ

コメントを残す