体重が減らないのは停滞期のせい?本当の原因は

こんにちは、アラフォーダイエッターサランです。

 

「ダイエット、頑張ってるんだけどな、ここのとこ全く体重が減らない。」

「そんなに食べてないのに、減るどころかむしろ増えた!」

「こんなに頑張っても減らないなんて、私空気吸っても太るかも。」

 

ダイエット実践中に、思うように体重が減ってくれないと

気持ちは段々荒んできて、泣きたくなりますよね。

zasetsu

「頑張ったって減らないならもう食べちゃえ!」

 

って、やさぐれモード全開になって、一口食べて、また一口食べて・・・

 

結局、リバウンド。orz

 

こうなりたくはないですよね。

 

 

体重が減らないのは本当に停滞期?

yaruki-teika

先ず、ダイエットを始めたら毎日同じタイミングで体重を量りましょう

昨日は朝、今日は寝る前、等とタイミングをまちまちにすると

ちゃんとしたデータが取り辛くなってしまいます。

 

ちなみに、私は毎朝、起きたらすぐにトイレに行き、その後すぐに

パンツ一丁で量っています。

 

その上で毎日の記録を取りましょう

日々の体重、食べたもの、運動等、一日の生活をメモするのです。

 

そうすることで、今、本当に停滞期なのかどうか、見えてくると思います。

 

例えば、ダイエットを開始して、2週間くらいずーっと良い調子で減っていたのが

急にピタッと泊まり、食事量や生活スタイルを特に変えたわけでもないのに

何日も同じ体重が続いているとしたら、それは、停滞期に入ったと考えるのが

一般的ですよね。

 

もし、停滞期と考えられるならこちらへどうぞ

⇒アラフォーダイエットの停滞期は自分を見つめ直す良い機会

 

 

停滞期以外に考えられる原因

 

上記の様に、明らかに「停滞期」と言える背景がある場合を除き、

始めからずーっと変化がないとか、増えたり減ったりを繰り返しているとかの場合、

停滞期ではなく、他の原因があるかも知れません。

 

一点、注意ですが・・・

元々の体形や体質によって、減り方やスピードは当然のことですが違います。

例えば、私は身長161.5cmですが、もし私がダイエットスタート時に

体重が100kgだったとしたら、始めの2週間で5kgもしくはそれ以上の

減量が出来たとしても、不思議ではないでしょう。

 

しかし、同じ身長でダイエットスタート時に体重が55kgだったとしたら、

100kgの人と同じメニューでダイエットをしても2週間で5kgの減量

というのは、かなり難しい数字と言えます。

 

なので、今が「停滞期」がどうかを知るには、自分自身の体重や体形に

一番の興味を持ち、注意し継続して記録を付けることが大事です。

 

 

毎日の生活を今一度見直しましょう

 

ダイエットを開始してからの日々の食事や運動についてきちんと

レコーディングが出来ていたら、まずはそこから見直しましょう。

 

知らず知らずのうちに、体重が思うように減らない原因を作ってしまって

いるかもしれませんよ。

 

1.食事の栄養バランスがきちんと取れているか

healthy-food

全体的な食べる量を減らしたとしても、栄養バランスは崩したくないところ。

食事が単品で糖質が多めの物(麺類、丼もの)などになってはいませんか?

糖質を多くとってしまうと食べた量の割に体重は減りにくくなるものです。

 

2.ついつい間食をしてはいないか

sweets-cookies

食事の量を減らすと、当然ながらお腹が空きます。

慣れてしまえば体も徐々に順応してきますが、太っている人に多いのが

「間食癖」

私もそうですが、仕事中などちょっと口寂しくなるとチョコレートやキャラメル、

クッキーなどを食べてしまったり・・・

折角食事を気を付けいても、おやつをパクパク食べていたら意味がありません。

間食をしている人は、一日に実際どれくらい食べてしまっているのか

一度間食分の総カロリーを計算して見てはいかがでしょうか。

 

3.飲み物のカロリーを気にしているか

cafelatte

意外と忘れがちなのが、これです。

さすがに炭酸飲料やジュースは控えていたとしても、

日常的に飲むコーヒーや紅茶に毎度毎度砂糖やミルクをたっぷり

入れてしまうと、結構なカロリーになってしまいます。

「デブはカフェラテが好き」とかなんとかって書いてある記事を

見かけたりもしますが、あながち否定できないところです。

 

一日にコーヒーを3杯飲むとして、毎回ミルクと砂糖を入れて飲んで

しまったら、それだけで120~150キロカロリーくらいはいってしまいます。

これは一般的な置き換えダイエット食一食分に相当します。

 

4.食事の時間に気をつけているか

clock

一食一食の食事内容に気を付けていても、時間が不規則だと

減量に結びつきにくくなるかもしれません。

 

当然ですが、夕食一食だって、寝る4時間前に済ませるのと

眠る直前に食べるのとではどちらがダイエットに向いているかは

答えるまでもありません。

 

出来るだけ、日々の食事は決まった時間に出来るのが望ましいです。

その上で、やはり、夕食は出来るだけ早めに済ませるように

コントロールしましょう。

 

5.適度な運動は出来ているか

shoes

日頃運動が習慣付いてない場合、運動を取り入れることで

それまで停滞気味だった体重がまた変動してくれたりします。

いきなり毎日30分走れとか、ジムに通えとかって言う事ではなく

通勤時間に一駅前で降りて歩くとか、たらたら歩いていたのを

早歩きに変えてみるとか、寝る前に腹筋をちょっとだけ取り入れてみるとか

日常生活で負担にならない程度の運動でもやってみると以外にも

効果が表れたりするものです。

大事なのは「続けられること」、継続しなければ効果も期待できません。

無理のない範囲で、毎日続けられる運動を取り入れましょう。

 

 

ダイエットを中途半端に終わらせてしまわない為に

 

いかがですか?

ひとつふたつ当てはまっていたりしませんでしたか?

 

「いいや!全部ちゃんとできてるよ!でも減らないんだよ!」

という方は、やはり停滞期の可能性が大きいですから、

別な対策が必要ですので、こちらの記事を是非ご参考に。

 

「そうだね、そういわれてみれば・・・」

と当てはまる項目があった方は、まずはその部分から改善です。

 

ダイエットに停滞期やモチベーションダウンはつきものです!

折角始めたダイエット、目標達成まで頑張りましょう!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

↓↓応援クリックお願いします!ダイエットのモチベーションもアップします!

 

 

コメントを残す